スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして、貞操帯を装備している寝取られ旦那です

2013.11.26.Tue.23:51
妻から貞操帯CB6000で射精管理されています。

射精管理歴は1年ほどでしょうか?使用している貞操帯はCB6000Sです。
そんな射精管理生活や夫婦の性生活などをブログで記事にしていきます。

普通の人からしたら頭のおかしな人と思われるかもしれませんが実際にそんな人間が存在するのです。

射精管理されたい男性は世の中に沢山存在するみたいです。実際に鍵を預けるのは勇気がいるものです。実際に鍵をパートナーに預けている人は少ないかもしれません。

射精したくても射精できないのは普通の男性にとっては辛い責めだと思います。人にもよりますがマゾ男性又はM男性にも辛いものだと思います。
射精に執着しない男性も存在するのも知っています。ですが私は射精したいのです。オナニー依存性ですから1日に何回も射精したいです。
それを妻から貞操帯で射精管理されていますので文字や言葉では表せない辛さがあります。

「辛いのになぜ?」と疑問の声もあるとは思います。

射精させてもらえる瞬間はいつでも出来るオナニーでは味わえない快感があるからだと思います。それと管理される事が性癖につながっているからではないでしょうか?
その部分も人により色々だと思います。性格も人により違うので性癖も人それぞれ違うのは当たり前だと思います。

最近特に減りましたが妻から射精管理されているブログを書いている人は他にも数名存在する事を知っています。
一つの共通点があるのですが、それは皆さん奥様を愛しています。
私も死ぬまで愛し続けたいと考えています。

貞操帯での辛い射精管理にも良いところはあります。
それはいくら愛し合っていても男は飽きるのです。もちろん加齢と共に性欲が減るのも現実だと思います。個人差はありますがいつの間にかSEXの回数が減ります。女性は年をとると更年期などで性欲が激減する人もいます。
お互いが求め合わなないとSEXレスは必然だと思います。
普通の男性は性欲が減っても精子が溜まると射精はします。性欲が減っているので簡単に射精できるオナニーがてっとり早いのです。
しかし妻から貞操帯で射精管理されているオナニーができません。自分の意思で射精する事が出来ないのです。
そうなると必然的に鍵主である妻を求めます。
はっきり言って妻とSEXしたくてたまりません。妻としか出来ないのですが。

普段の生活でも妻に上から物を言う事ができなくなります。優しく接するしかないのです。これも必然的に妻を大切にするしかないのでそれはそれでよかったのかもしれません。
妻のいう事を聞かないとお仕置きで射精日が延長されるのは言うまでもありません。

壊そうと思えば壊せるのですが、一度管理されての射精の快感を覚えると病みつきになると思います。

あくまでも私の感じた事ですので全ての男性が当てはまるとは限らないと思います。








Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。