スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舐め犬さんと射精管理の密接な関係

2014.05.06.Tue.00:01
舐め犬さんも、射精管理もどちらも女性に尽くすのは同じです。


今日まで、「射精管理の鍵主様を探す方法」で記事を連載させて頂きましたが、何故射精管理なのに舐め犬さん?
過去記事読んで下さい。

それから、射精管理をして頂くと言う事は舐め犬としても扱われる事になります。

射精管理には、管理者の思考もあると思いますが、「長時間強制クンニ」が調教内容に入ってくると思います。
ですから、舐め犬さんと射精管理は密接な関係にあると思います。

舐め犬からデビューするか、射精管理から始めるかの違いだけではないでしょうか?


もちろん、管理者の思考が「奉仕などさせない」であれば変わってくると思います。
それはそれでアリだと思います。

ボンデージの虜 M男調教QUEEN 澤村レイコ

画像のように、S女性様に長時間椅子として御利用して頂くのもM男の宿命であり喜びです。
その日1日M男を、家具としてだけ使うのもS女性様の自由です。


世の中は色んな考え方を持つ人が存在します。
だから面白いし、幅も広がるのだと思います。

自分に最適のパートナーを見つけ、お付き合いをしていけば良いと思います。

「奴隷に選ぶ権利などない」そんな考え方の方も存在するかもしれません。
それはそれで面白いです。
ですが奴隷制度が復活してしまいます。

僕が言っているのはあくまでも、合法の中で楽しむ話ですのでご了承下さい。



舐め犬さんにも射精管理にも共通する顔面騎乗。
ご褒美に使うのか、責めに使うのかはS女性様の気分次第です。
どちらにせよ、M男は喜んでご奉仕させて頂くしかないのです。

ボンデージの虜 M男調教QUEEN 澤村レイコ








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。