スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

射精のお願い方法

2014.12.30.Tue.07:10
ご無沙汰しております。


最近では自分の出した精子を飲む事が当たり前となってます。

「自分で出したんでしょ?」

その一言で素直に飲むしかありません。

そして最近のオネダリ方法は
「精子を飲ませてください」
「精子が飲みたいです」
となっております。
「射精させてください」とオネダリは本来禁止ですし、まず射精させてもらえません。

決して精子が飲みたいわけではありません。
美味しいとも思いませんしなれることはないと思います。

やっとの思いで射精させて頂けても、高タンパクな精子を摂取するのですからまたしても精子は直ぐに貯まります。
いつもながら惨めに過ごしております。

毎回奥様に
「必死だよね」
「うわぁ、飲むんだ」
失笑されております。

射精=飲精です。

今日も惨めに細々と生かさせて頂きます。



射精管理 内村りな









奥様はデートです

2014.11.13.Thu.00:29
ご無沙汰しています、射精管理中のM夫です。
仕事が忙しいのとこれといってご報告する事もなくてブログを書いていませんでした。
管理される側としてそうそう新展開もありませんのでネタもつきてました。
もともと文才があるわけでもないので、こんなものと言えばこんなものなのかもしれません。


今日は奥様は彼氏様と久しぶりのデートです。
彼氏様も忙しく奥様と時間も合わなかったために前回のデートからかなりの期間がありました。
僕としてはもう少し遊んできてほしいのですがワガママも言ってられませんね。
M夫ですから。



たまにですが
「お別れになられたのですか?」
こちらが心配になり要らぬ質問をしてしまう始末です。

「別れてないよラインはしてる」
冷たく返答される奥様です。

「お前の心配する事ではない」
そんな感じの冷たさを感じました。

全くもってそのとおりです。
僕はM夫として奥様が毎日快適に楽しく生活できればいいだけでした。

でも射精はしたいです(汗)

特にデートが決まると僕の排尿器は奥様の遊び道具となります。
弄られるだけいじられてCB6000の中でパンパンになっています。
もちろん射精はありません。

飼い主様がご無沙汰状態なのにM夫がスッキリできるはずもありません。
寸止め状態で苦しむだけです。

今日はまだご連絡がありませんのでお泊りデートかもしれません。
M夫は奥様と彼氏様のSEXを想像しながらガマン汁を垂らして待つだけです。
今頃お二人は激しく愛し合っているのだと思います。

普通の人からみればおかしな事ですが浮気をするのが僕への愛情なのです。

機会があればデート内容などもご報告します。

おやすみなさい。






連続射精の辛さ

2014.10.17.Fri.00:06
最近は射精管理も1ヶ月近く射精させてもらえない所まできています。

最近の出来事ですがあまりにも辛くて射精のお願いをしてしまいました(汗)
恐る恐る「射精させて下さい」とお願いしたのですが、あっさり「いいよ」の返答でした。
そして「イケ」と命令されました。

喜びながらチンコを擦るM夫です。
溜まりすぎていて一瞬で射精できました。
それでも奥様はテレビをみながら知らん顔です。
そんな中M夫は羞恥も忘れ夢中でオナニーをしています。
射精がしてしまうと一気に恥ずかしさがこみ上げてきます。
「ありがとうございます」とお礼を言うと「誰がやめていいと言ったの?」
連続射精の命令です。
溜まっているので2回くらいは平気なのですが、射精後のあのくすぐったさはいくつになっても変わりません。
そして2回をクリアーです。
3回目のご命令は予想できる範囲です。
3回目、4回目・・・・・

限界です。
勃起もしません。
もうこうなったら「許して下さい」と言うしかないのです。

「自分から射精させて欲しいと言って何それ?」
「もう出さなくていいの?」
「なら次は夢精するまでオナニーなしね」

キッチリ罠にはまりました。
1ヶ月くらいかな?とかって勝手に予想はしていましたが夢精調教です。
気が遠いです。
夢精したことありませんし、どのくらいで夢精できるのか分かりません。
貞操帯とか貞操具で夢精しても全く気持ちよくないらしいです。
射精のお願いしたことをとても後悔しました。

でも奥様にとっては前もって用意されたシナリオだったのでしょう。
長期間射精させないで毎日いいところまで気持ちよくさせて、僕から射精のお願いをするように仕向けられていたのだと思います。
どのみち僕に権利はありませんから1日でも早く夢精する事を願うだけです。

1週間は高タンパクな食事でした。アミノ酸も沢山のみました。
もうすでに射精したくてたまりません。
1週間経過してからは低タンパクな食事に切り替わっています。
精子の製造を少しでも遅らせて少しでも夢精を遅らせてジワジワと追い詰められるのは言うまでもありません。

「情けないよね、もう一生女も喜ばせれないんだから」

まったくもっておっしゃる通りでございます。
僕は二度とリアルに女性器見ることも挿入することもないと思います。
女性器に触れる事が許されているのは舌だけです。

それでも幸せを感じれるようになってきました。






玉の皮をヒールで

2014.09.12.Fri.04:11
ご無沙汰しています。
ろくに更新もしていないブログなのにご訪問ありがとうございます。
なぜか最近再訪問者様の人数が多いです。
もしや、そんなに射精管理に興味がある方が多いのでしょうか?
「辛さ8割です」
9割かもしれません。

月1射精の時は未だにおかしくなりそうです。
多分精子が製造される限りなれる事はないのかもしれません。

最近の射精管理調教の1シーンです。
手錠とアイマスクとM夫全裸はスタンダードとなってます。
そのシチュエーションだけでも、飼い主様は全裸になる事は少ないので格差を植え付けられると思います。

(奥様の全裸で抱きしめられるだけで幸せを感じる事ができるようになってきました。
たったそれだけの事かもしれませんが女性の肌の温もりを滅多に味わう事がありません。
凄くその感触を求めますし、女性の存在のありがたみを知る事ができました。)

抵抗もできませんが射精がかかっているので抵抗しないように毎回頑張るM夫です。
ささいな事が射精延期になりますから必死です。

しかしすでにそのささいな事は起こっているのです。
犬も飼い主様の行動で散歩の時間と察知します。
リードをご主人様が手に持つと尻尾をはち切れんばかりに振ります。
M夫にも同じような現象が起こっております。
手錠とアイマスクに全裸。

「射精があるかも」
我慢しようとしても別の脳の部位が許してくれません。
勃起→ガマン汁をたらす、毎回そのワンパターンな行動が勝手に起こってしまうのです。
まさにM夫=犬の状態です。
理性では本能に勝てない部分の一つです。

奥様も勿論それを理解されておられますので見逃してくれたりはしません。
勝手な勃起は罪なのです。
理不尽かもしれませんが奥様の物を勝手に勃起させて、ガマン汁までたらしてしまったのは罰の対象となります。

「足伸ばして座って」
言われるがままに恐る恐る座るだけです。
この体勢ですと僕は睾丸の状態にもよりますが、睾丸の皮が床にペタンと張り付きます。

そしてその睾丸の皮の部分をヒールで踏みつけられます。
これだけでもう動けません。
想像してみて下さい。
興奮してしまった人はM男さんだと思います。

人にもよると思いますが皮の部分はメチャクチャ痛いということはありません。
「逃げてもいいよ」
逃げる許可をいただきましたが、でも逃げようとしたりすると皮が悲惨な状態になる事は想像できると思います。
逃げる逃げないはM夫の勝手という感じです。

M男さんは、この後の罰は好きなように妄想して下さい。
ハードに鞭でお仕置きされるのもよし、仏壇ローソクでお仕置きされてもいいと思います。
妄想は自由です!


この日は無事に射精させてもらうことができました。
M男でない人も1ヶ月禁欲してみて下さい。
射精のありがたみがよく分かりますし、なんといっても最高にきもちいいです。

小便懲罰 2 篠めぐみ




強制クンニ

2014.08.28.Thu.02:11
ご無沙汰しています。
毎日射精を夢見てすごしています。

最近はご奉仕メインでたまに射精させてもらえるくらいです。
ご奉仕と言っても奥様の女性器様は簡単にはご奉仕させてもらえません。
とうぶん女性器というものを見たこともありません。
見ていないから見たくなるの必然的な男の性に苦しんでいるしだいです。
分かりやすく言えば、童貞の頃のあの女性器を見たくてたまらない願望そのままの状態ですね。

強制クンニの時も、目隠しと後ろ手で手錠をかけられているので全く抵抗できません。
拘束されていても、勝手に見たりすればキツイお仕置きが待っているので見たりはできないのですけど・・・
クンニさせてもらえるだけマシと思って一生懸命舐めるだけです。

今のところは奥様の女性器を自由にできるのは彼氏様だけです。
彼氏様に「俺以外とするな」と言われているのもあり、奥様は裸すら見せてくれる事はありません。
もちろん挿入などありません。一生女性器に入れる事はないかもしれません。
彼氏様とのデートからのご帰宅後も、さっきまで他人様の男性器様が入っていた奥様の女性器様も喜んでご奉仕させて頂きます。
ムレたパンストで股間を挑発する美脚OL

その姿を見ながら奥様は「ぶざますぎるよね」と嬉しそうに見下ろしています。
「一生入れさせないから」と優しく声をかけて下さいます。

奥様からどう扱われても射精の為に奥様が満足するまでご奉仕を続けるだけです。
この後僕の排尿器はCB6000装着のまま足コキしていただきました。
ガマン汁でストッキングを汚してしまったと理由で射精はありませんでした(汗)
もちろん射精させない理由はなんでもよかったのです。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。